My Photo

ともよナウ

September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ともよゆーちゅーぶ

MY CD

MY SPACE(試聴)

« C'est si bon | Main | 岐阜ラジオ »

2013.02.17

平和の時計

今日は、旅行記みたいな日記です。

    

    

ちょっと前のことですが、

憧れの・・広島初上陸☆

     

 426090_597953516888035_1070012070_4

  

    

宮島の厳島神社は、本当に美しい世界遺産。      

ピアノを置いて歌いたいと思うような、こんな舞台も。        
            
    

 Ituku3

     

潮が引き始めると、海から大鳥居の下に、川のような道

が現れて神秘的。

        

 Ituku21

    

大鳥居の下まで行くと、「お姉さん写真を撮って下さい」

と、若くキレイな女の子たちに頼まれ。

  

「鳥居の下でジャンプする瞬間を撮ってくださ~い」って

言うから、「はいジャンプ~!」って合図をすると、何度

もミニスカートでジャンプして、

        

かわゆすな~。 姉さん、おっさん気分でデレデレ。

    

         

  

そんな「おっさん姉さん」も、鳥居と2ショット頂き!

勿論ジャンプはしてません。勿論ミニスカートも・・(痛)

        

 

  2012_154

      

美しい夕日。
       

       

 Ituku11

   

   

こんな景色を見ていると、平和を感じます。

     

    

されど広島には、かつてはこんな惨事が。
     

  

   

原爆ドーム。

            

 Ituku12

     

                        

原爆炸裂後は、0.2秒で地表温度が3,000℃に達し、1秒

以内に3階建ての本体部分がほぼ全壊。

         

ほぼ真上で原爆が炸裂し、爆風が窓から突き抜けた等

の理由で、ドーム部分は奇跡的に残っているそうです。

       

辛い記憶を呼び戻すこの建物を、取り壊してほしいと言

う意見があったそうですが、1歳で被爆し、15年後、白血

病で亡くなった一人の女子高校生が、

     

あの痛々しい産業奨励館(現原爆ドーム)だけが、いつまでも、

おそるべき原爆のことを後世に訴えかけてくれるだろうか

     

と書き遺したことによって、保存への運動が始まったそ

うです。

  

   

     

これは平和記念公園内の、禎子ちゃんの原爆の子の像。

この日も、訪れた人が次々に鐘を鳴らし、手を合わせて

いました。

           

 Ituku13

  

                

2歳で被爆した禎子ちゃんは、12歳の時に白血病を発症。

千羽折れば病気が治ると信じ、鶴を祈り続けました。

             

      

当時折り紙は高価で、薬の包み紙を小さく切って折られた

鶴が、平和記念資料館に展示されていたよ。

              

   

 Turu 

   

   

館内には他にも、幼い子供が乗っていた、

焼け焦げた三輪車など、当時の状況を伝えるものが残

っていて胸が苦しくなった。    

    

     

先日、資料館内の平和監視時計が、ゼロ日にリセットさ

れたそうですね。

         

ゼロ日とは、最後に核実験が行われてからの日数。

ゼロ日になる前は、69日(米国実施)。

       

     

原爆は、一瞬で全てを焼き尽くし、奪い、その後何年も深

い傷跡を残します。

  

  

   

原爆ドームが、アーチの向こう、真正面に見える、原爆死

没者慰霊碑

               

             

 Ituku_3

 

雨に濡れないようにと、屋根はアーチ型に設計されました。

中央の石室には、亡くなられた被爆者全ての方を記帳し

た名簿が納められ、

           
安らかに眠って下さい 過ちは 繰返しませぬからー

     

と言う言葉が刻まれています。

 

    

     

   

私は、こんなことをここで書いていたって、一体何がで

きるのかしら。

                      

    

     

結局何もできずに、祈る。

    

   

   

世界が、日本が、あなたの心が、

  

        

私の心が、誰かの心が、平和でありますように。

        

 

平和の時計を刻みますように。

 

 

 

 

       

戦後75年は草木は生えないだろうと言われた広島で

すが、一年もしないうちに緑たちは芽吹いたそうです。

    

復興への道のりは大変なものだったようですが、人々

も物資が不足している中、バラックを建て始めました。

    

広島のお好み焼きのルーツは、食べ物がない戦後、

アメリカ軍が配給する小麦粉で作れる食べ物・・一銭

洋食から始まったと言われています。

  

  

一銭洋食とは、小麦粉を水で溶かして丸く焼き、その

上に、ネギ、蓮根などを乗せ、ソースをかけて、折って

食べるもので、小さく、一銭で買える安さでした。

  

それが段々、お好みで具を入れるようになり、広島風

お好み焼きへと進化していったのだとか。

   

       

     

現在の広島風お好み焼きを食べてきました。

      

  Okonomi

   

  

平和に、感謝しなければですね。

« C'est si bon | Main | 岐阜ラジオ »

Comments

広島巡り・・・いい天気で何よりでしたねえ。
宮島の鹿には何もかじられませんでしたか? (奈良の鹿よりもタチが悪い印象がcoldsweats01
広島焼き、うまいですよねえ。
私はあの生地の薄さ+麺・キャベツのボリュームがたまらなく好きです。
で、隣の岡山には・・・? あれ?weep

◆飛翔さん

 

 
宮島の鹿は、全然おとなしかったですよ!私は奈良の鹿の方が怖いですhappy02

お天気ばっちり晴れましたが、寒かった~やっぱ日本全国寒いのね。

岡山は、プライベートだの慰安旅行だの、倉敷に3回ほど行ったことがありますので通り過ぎてしまいましたhappy02

宮島は修学旅行で行ったきりです。美しいですね。カメラマンお姉さんしたんですね。お姉さんって言われると振り向く私です。智代さんもですよね。広島のお好み焼きにはそのような意味があったとは知りませんでした。今度から平和を祈りながら食べたいと思います。

◆はぴらちゃん


修学旅行で行かれるのが多いですね。
私は初でした!

スーパーで、「お姉さん、このお刺身安いよ~」と言われると、買ってしまいます。魔法の言葉ですね(笑)

お好み焼きは、私も今までは、ただただがっついているだけでした。これからは心していただきます。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116720/56754796

Listed below are links to weblogs that reference 平和の時計:

« C'est si bon | Main | 岐阜ラジオ »