My Photo

ともよナウ

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ともよゆーちゅーぶ

MY CD

MY SPACE(試聴)

« October 2007 | Main | December 2007 »

November 2007

2007.11.30

チーズにワイン

ここ数日、低い雲を広げた空の下、寝てばかりだったので、

どこからが朝なのかがわからなくなってきている

鏡に映ったわたし

ウエストの太さは、きっとコルセットの分ね

どこからがウエストなのかもわからなくなってきている

そして

どこからが夜なのかもわからなくなってきている

晩御飯を食べたのだろうか

おなかがすいた

もうダメよ、我慢できないわ

いいの、あたしは不良よ

薬が効かなくなるかもしれないけれど

お酒だって大丈夫

ステキなことに、ちょっとずつでも痛みは良くなってきてい

るじゃないの

きっと響かないわ

ずっといい子にしてきたのよ

ワインを一杯だけ、チーズとハムをちょびっとだけ、

良いではないか、良いではないか、あ~れ~~

不良なひとときは

赤で

Cheeswine

むふふぅ

やっぱ、

サッパリ系より、コクのあるまろやかなテイスト系が好きですぬ

2007.11.29

やさしい光

腰痛でお仕事も休んでいるので、横になったり、てろ~んとして

います

てろ~~~んとした時の中、

地球温暖化に対し、ありんこ的エコ生活を試みました

ありんこ的とは、ちょっとずつ良い環境を作って行こう、的、生活

です

お野菜を始めとする食べ物だって、特に旬でないものが遠距離

を運ばれる程、CO2がばら蒔かれ、環境破壊要因です

色々仕方がない事が多いのですけど

とりあえず、ありんこですから

本日は寒くもなかったので、暖房も明かりも消し、キャンドルで過

ごしてみました

Hikari6

く、、暗っ

ですが、ちょっとすると慣れてきます

電気がない時代の人達は、こんな生活だったのですね

暗いところから明るいところを見ると、明るいところのありがたさ

がわかったりもします

心の環境も変わります

明日も続けられるか続けられないかが、立派なありんこへの分

かれ道ですね

やさしい光、的、生活、うーん

天気予報によると、明日は寒いらしいです

てろ~~~ん

腰の治療、リハビリは続いています

その整形外科のリハビリ室には、若いイケ麺の整体師さんが多

く、私はちゃんとお化粧をして行く程です

明日も行きます

ふふ

2007.11.26

お布団にて

昨日から読書三昧

お医者の先生から、二、三日は横になってなさいと言われ

たので、お布団に横たわっています

こうしてお布団の中で本を読んでいると、小学生の頃を思い

出すな

外で遊ぶのよりもとにかく本が好きで、お布団に入っても物

語を読み終わるまでは眠れなくて

昨日は朝起きたら前日にも増した腰の痛みで、歩くのも辛い

状態だったので、休日なので緊急の整形外科病院に行って

来ました

診断は

ヘルニアの前

第四と第五の腰骨が近い体質なのだからだそうです

ギックリ腰ではなかったわ

今安静にしておかないと入院することになるので、ちゃんと

いい子にして寝ています

座る姿勢は正座が一番腰に負担がかからないそうね

そういえば、うちのおばあちゃんは座る時はいつも正座

だったけど、腰が曲がらなかったのはそのお陰かしら

立っている姿勢では、中腰はあまり良くないそうで

腹筋背筋はやはり鍛えておいた方が良いみたいとか

腰を痛めて、初めてそういう事を考えるものだわ

さて、いい子にして寝まーす

2007.11.24

うほふほ

こひが、、

こひが、、

いたいい゛---

横になっていると、結構楽です

立ちあがると、傾斜85度が精一杯で、ぴんとできません

なので猿人のように歩きます

以前くしゃみをしたらギックリ腰をやったので、くしゃみを

する時は、何かにつかまりながらです

恐怖を、存分に味わえています

今年は寒暖の差が激しく、もみじたちは華やいでいるよう

ですね

されど

もみじ狩りなんぞ行けませぬ

お空のまあるいお月様だって、上目づかいで見ています

いたいい゛---

うほふほうほうほ

・・猿人

って、どよ

てか、鳴き声違うっしょ

みなさま、お体には気をつけて下さいね

2007.11.23

白い季節ですね

なんと

六本木昼’S界隈では、白い雪が降ったのですね

各地でも降ったところが多いのですね

こちらはまだです

外に干しておいた洗濯物達が、冷蔵庫の中に入れ

てあったの?くらい、ひえひえ~、で寒いです

灯油が87円

でもヒーターをつけないとさすがに寒いわ

イルミネ-ションがキレイな街

仕事帰りにワインを買って帰ろうと思い、シャルドネ

ハーフが1000円ならお安い事!

と、レジに持って行ったら2900円でした

お隣のワインのお値段のふだと間違えましたあ゛ぁ--

とは言えず

英世君をつかんでいたお財布の中の手をぱっと離し、

諭吉さんを探しましたが、一葉さんがあったので良か

ったです

今年もあと少しで残り1/12です

笑って

笑って

がんばりましょう

って何を?

そうそう、忘燃会をです

全てをさっぱりと忘れてしまえるくらい、燃えつきた

いものです

見上げればほーら、お月さまと冬のオリオン

お空のイルミネーションもキレイですこと

ホホ… 今宵は美味しいワインですこと 

白ですわ

Syarudone_2

2007.11.20

sweet* honey

腰が痛くてたまりませぬ

立ちあがる時には、あいたたた・・と言います

とうとう、ダイエットしなさいという警告かしら

お肉の重みに、腰が耐えられなくなって来たのかしら

運動不足だしね

ピアノとパソコンの椅子に座ってばっかだしね

二日酔いだしね

・・ ってぇそんなの関係ねえ

関係ねえが、今日こそは禁酒します

精神的に逃げ道にしているみたいだしね

それじゃあいけませぬ

Ringo

甘いものが届きました

親戚のお姉さんが、長野にりんごの木を持っていて、

毎年この季節には蜜いっぱいのりんごを届けてくれるの

めっちゃうまいわ

蜜と言えば、なんちゃって大学芋を作りました

Daigakuimo

薄く切ったお芋を炒めて塩、コショウをし、蜂蜜をたっぷり

からめて少し炒めるとでき上がりです

黒ゴマがありませんでしたので、白ゴマで和えましたが、

なんちゃって、だから良いのです

本当の大学芋はどうやって作るのかしら

2007.11.16

キャベツ

わたし、ボケボケ

音楽に没頭すると、それ以外何も考えられなくなるの

歯を磨こうとしたら歯磨き粉がないの

冷蔵庫を開けたらマヨネーズの横に立ててあった

もう・・

この前は財布が冷蔵庫の中にあったし

この前は地下鉄のトランパスカード(乗車カード..スイ

カと同じ)を改札で取り忘れたし

それ、まだ2000円近くも残っていたからね、後で落し

物が届くであろう駅長室を訪ねてみたけどなくて、泣

いたわ

もぅ・・

でもいいの、音楽大好き

誰よりも好きよ

君以外、興味がないんだ

愛してるよ・・ぶちゅ――☆

なのでまた音楽紡ぎ虫

今日はキャベツを食しました

この季節のキャベツは冬に向かって栄養を蓄えるから、

葉っぱがしっかりと巻いて美味しいの

アルデンテになる数分前に、麺を茹でている鍋の中に、

キャベツをさっと放り込んだわ

包丁は使わずに、繊維に添って手でちぎって入れたのよ

シャキシャキと美味しいキャベツのパスタでした

Kyabetuspa2

麺は、にんにくとドライバジルの味付けですの 

上に乗っているのは、カリカリにした牛さんとゴマさん

2007.11.13

スマ--ィル!!

怒らない事が良いことではないと思う

怒れば良いって訳でもない

なれば、どっちだ

結局、自分の中の、プチ鬼退治をした

ある人に、怒ってしまった

ちょっと前から、ムカツイテいたのだ

もう我慢がならねえ

バキッ

ベキッ

ふんっ

もう話さないっ

二度と会わないわっ

っと言ってみたけど

懲りてんだろうか

いや懲りてない

だってわたしも悪いかも(笑

でも良いの

ちっちぇ-----

あらま、つまんないお時間でしたこと

今日は久しぶりのお休みなのにぃ

お外だって良い天気ではないのぉ

お洗濯をぐるぐるしよう

最近冷たい秋の風に、

やっと色めき始めた葉っぱ達を探しにゆこう

そうよ、色めいてなさい

お肌に悪いわよ

バカね

スマ--ィル!!

Upa_2

2007.11.11

ごんぎつね

童話の森、新美南吉記念館

Gon

新美南吉は「ごんぎつね」「手袋を買いに」等で有名な童話

作家

南吉の生家の近くにはきつねがたくさんいたから、きつねの

物語が多いのよ

9月には、その傍を流れる矢勝川の堤防を彼岸花が埋め尽く

し、真っ赤に染まるらしい

Gigitune

ごんぎつねの物語

兵十が病気の母の為にとったうなぎを、ふとしたいたずら心で盗

んでしまったきつねのごん

母はうなぎを食べられないまま死んでしまうの

せめてもの償いにと、ごんはこっそり栗や松茸を届け続けますが、

その善意は伝わらないまま、いたずらぎつねとして、最後は兵十

に撃たれて死んでしまうの

10代の男の子が書いたせつない物語

南吉は29歳の若さでこの世を去ったけれど、15~16歳の頃には、

もはや120以上の童話を書いていたとか

Tebukuro

毎日は大切

1分1秒をどう過ごすかによって、心が違ってくるんだね

楽しい事も辛い事も、ひまわりのように心から笑えますように

勇気はどんどん強くなれ

あなたの幸せをいつも願い

そうしていつかステキな人間になれますように

帰り道、飛行機が見たくなって中部国際航空へ

Sentorea

びゅーんと羽根が羽ばたく瞬間を、何度も見ていたステキな時間

2007.11.08

Carole king in大阪

会いたい

キャロル・キングに

Carokeking

近鉄ライナーに2時間揺られて大阪へ

大阪城ホールがある大阪城公園までは、ホテルからはきっと

すぐだから、歩いて行こう

どしゃぶりの雨の中、大阪城公園に到着

ぼやーっと大阪城がちっちゃく見えて来た

Ooaskajyou

されど歩いても歩いても、大阪城ホールに辿り着かない

どの道をゆけば大阪城ホールに着きますか?っと、何人

の人に聞いたかしら

特技の方向オンチと地図オンチを全開させてやっと到着

Oosakajyouholl

お客さんは、1960年代~1970年代に青春だったであろ

う年代の、キャロル・キングファンの紳士淑女層と、ファー

ギーとメアリー・J.ブライジファンの、お洒落な若者層と

が入り混じっていた

始まった

ぁ~・・生キャロ・キン・・

ただただ、それだけで嬉しい

40年近く経っても未だに色褪せない曲達を、ピアノとギ

ター&ベースのアコースティック編成のみで観客を魅了

してゆく

ルディ・ゲスが二番を歌った「you’ve  gotta  friend」

最後のフェイクでは、日本語の「ありがとう」という言葉を

メロディーに織り交ぜて歌ってくれた

他の曲も観客に歌わせようと何度もマイクを向けてくれて、

私は全部歌えたわ

その度に「いーですぅー」と言ってくれるキャロル・キング

があたたかくてやさしくて

心から発せられるキャロル・キングの歌声と力強いピアノ

「so far away」は、あのチャールズ・ラーキーのような、

まんまのベースが絡まってうっとり

大きな大阪城ホールはシンプルなその音だけで充分だった

後に続くファーギーとメアリー・J.ブライジのステージは、

華やかでダンサブルで、それもステキだった

されど紳士・淑女達は、体中に響くバスドラの低音に耐え

きれずに、「あきらめて」帰って行った

私はバスドラになりながら、最後まで待ったわ

二人のステージも終わってアンコール

予想した通り、キャロル・キングの名曲「Natural woman」

を、キャロル、ファーギー、メアリーの女性3人で熱唱

   You make me feel like a natural woman

涙が溢れた

自然のままで、ありのままで、女でいたい・・Natural woman

楽曲といふもの

人を思って曲を書く人は、素晴らしい曲を書く

だからダニー・ハサウェイだって、ロバータ・フラックだって、

アレサだって、他にも多くのアーティストがキャロル・キン

グの名曲をカバーするのだ

たくさんたくさん、私の胸に届いた夜

外へ出たら、やっぱりどしゃぶりの雨

傘の波を抜けて、ビールを買って、ホテルまでの道のりを、

今度は迷わずに帰れたわ

タクシーでね

2007.11.05

キャロル・キング

好きなものは好きと、その想いを貫けばいい

明日、大阪までキャロル・キングのコンサートを見に

行く事にした

3人のコンサートなので、ちょっと迷っていた

でもやっぱり見たい、聞きたい

何時に終わるかな

帰れるのかしら

ステイする事になるかも

ドラゴンズセールの恩恵で、めんたいこが少しお安く

なっていた

明日のおにぎりは準備良しっ

Mentai

やっぱ新幹線はあきらめるか

時間はかかるけど、近鉄ライナーでおにぎり食べよう

1971年カーネギーホールでのライヴアルバムは絶品

Carole_king

こちらはWriterというアルバム、LP盤はやっぱいいわ

Writer

曲を作り、ピアノを弾きながら歌うという事が、どれ程

素晴らしいかを教えてくれた人

ああ早く会いたい

« October 2007 | Main | December 2007 »