My Photo

TOMOYOインスタ

ともよナウ

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ともよゆーちゅーぶ

MY CD

MY SPACE(試聴)

« June 2006 | Main | August 2006 »

July 2006

2006.07.30

眠々

1週間ぶりのビール

くぅううーーっ

なんておいしいのぉおおーーっ

つまみもアリさ

おくらを茹でて、モッツェラチーズで

和えてみた

Okurabeer_1

ま、まいぅうううーーっ

(熱いうちにからめて、あとは塩コショウね)

ご褒美ご褒美

本日2曲ほぼ完成

近日中に「星の雨」公開しまーす

これもCDに入れたい...

今日はやっと眠れます

脳みそクタクタ

あ、次回ライヴで新曲2曲やりまっせー

2006.07.27

横浜の夏

み-ん

セミが鳴き始めた

名古屋の夏は、肌を刺すような独特の暑さ

もうすぐ梅雨も明けるそうで、今年の夏は暑いって

今日しきりにニュースでやっていた

思い出すのは横浜の夏

横浜に住んでいた頃は周りにたくさん木があって

そのお陰で涼しかった

そこの住人かしら

網戸に大きなカブトムシが張り付いていたことも

あったよな

スイカを与えたらペロッと食べて

その後涼しい木陰に放しに行ったっけ

家の前の畑には大きなあんずの木が茂っていて

実が熟すと家のお庭に幾つか落ちて来たから

しらないフリしてそれらを焼酎につけて飲んでいた

今考えると悪い子ネ

桜木町で働いていた頃は、毎朝動く歩道から見る

夏の海のキラキラがキレイだったな

横浜の夏が

とてもとても好きだった

本当に本当に好きだった

風も、カモメも、悲しい夕陽も、ヒトも、

生活も、全部  

たくさんの思い出と一緒に

好きだった

さて、

父が作った黄色いスイカ軍団

200607211417000

いただきまーす

Kiiro

わーい  わたしカブトムシ  あまっ

2006.07.24

宵の宴

                                

彼女は友人でありファンであり

覚えている限り、もう何年も私のライヴを欠席した事がない

されどライヴで会うと、彼女は私に対してとてもク-ルだ

絶対に友人として振舞わない

ミュージシャンとしていてほしい、と願う彼女のスタンスが

とても好き

そんな彼女が

津島の天王祭を見に、東京から泊まりにきた

ひつまぶしを食べ

Hitumabusi_4

イタリア村に行き

Ekizoticbeauty2_1

夕暮れを確認してから祭りへ

浴衣姿のカップル、肩車した親子、人、ヒト、ヒト

見せたかったのは

365個のちょうちんのロウソク一本一本に灯が入れられ、

巻藁船に取り付けられる作業

荘厳で、歴史を感じさせる

500年も続いているのだもの

信長、秀吉、家康の方々も、この巻藁船を愛でていたらしい

今年は旧暦で 「うるう年」

てっぺんのちょうちんが13個で1個多いんだって

5隻の舟が全部見える川の土手の、斜めになっているところに

私達は足の裏をふんばりながら体操座りした

飾り付けから出航までを、静かに静かに眺め、見守った

飾り付けを終えた巻藁船は1隻づつ、船頭さんの長い棒で

川に漕ぎ出されてゆく

その船の中からは、子供達が奏でる津島笛のお囃子の音色

夏休みを返上して練習したのだろうな

川をゆっくりと移動して行く有様は夏の涼

Bonori3

帰ってからは酒盛り

とにかくすばやくおつまみを作り

Utage_1 

あとはおしゃべりで

結局真夜中まで眠れず

ドローーッと 深いところまでいってやっと終了

次の日はやっぱり起きられず

名古屋城見学も断念

味噌煮込みうどんはなんとか食べて新幹線まで送った

「名古屋の食べ物は全部おいしかった。でもともちゃんの

料理が一番おいしかった」

なんて泣かせられてバイバイ

友人は一番の宝です

じらちゃんまたおいで

いつでも待ってる

川の土手でふんばった足の筋肉痛、明日はもっと痛いかもね(笑

   

2006.07.08

そのギラギラに

ダウンしてしまった

最近あまり食べていないのも良くなかったのか

本日とうとう起き上がれない

今パソコンの画面に打っているこの文字達が

ゆがんて迫ってくるほどだ

いかにも夏バテっぽいか弱さを漂わせながら、

本当は夏バテと

二日酔い

昨日は久しぶりに飲んだ 飲んだ

気のおけない人と飲むのはらくちんで

ビールうまっ わっ うまっ

ワインとかも最後の方飲んでたし

調子にのって飲んだ 飲んだ

なんで大きなあおたんがひじに着いているんだ

どこでだ?

またかい

この酔っ払いメ

さて

七夕じゃん

昨日天の川は見えたのだろうか

向こう岸って遠かったのだろうか

空を見上げられなかった

この酔っ払いメ

ワールドカップの決勝戦も近々だ

見たいな

体調整えなくては

あーあ

まだくらくらするぅ

まだ おえっ だし

あーほーだー

2006.07.03

つばめ

ふぅ

暑い

最近近くの田んぼではつばめが飛んでいる

すずめは群れをなして遅いスピードで飛ぶけれど

つばめはたった一羽で速いスピードで飛ぶのね

エサを探して、水が張った田んぼの水面の近くを

低く低く飛んでいたのに

エサなし とわかった瞬間

ついいーーーっと天に向かう

そのスピードは速い

執着することもしないことも

人間にはムツカシイけれどね

つばめのようにつ、つ、ついーーーっとね

いこう

さてダイエット

昨日は赤味噌の田楽だったけれど

Dengaku_1

本日はオリーヴオイルを使ってしまった

鶏肉とおじゃがのマスタードソース炒め、アボガドサラダ&おくらスープ

Avogadoset2

お鮭と真鱈(タラ)のブイヨン炊きごはん

Syakemeshi_1

« June 2006 | Main | August 2006 »